1. HOME
  2. 進路・就職
  3. インターンシップ

進路・就職

インターンシップ

インターンシップとは

 インターンシップとは、在学中に学生が興味のある企業などで一定の期間就業体験ができる制度です。実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や「働くこと」の意味について理解を深めることを目的としています。企業にとっては、優秀な人材の採用に直結する手段の一つにもなっています。そして学生にとっては、実際の仕事を体験できる貴重な機会であり、業界や職種、またその企業の風土について深く知ることができるといったメリットがあります。さらに、社会人として常識やマナーを身につけられる絶好のチャンスでもあります。
 近年、全国的にインターンシップが大きな広がりを見せ、企業側の関心も年々高まっています。最近では、雇用のミスマッチによる離職が社会現象としてみられています。企業と学生の間でミスマッチを解消するために、学生のインターンシップへの参加が望まれています。

 

インターンシップの支援

 キャリアセンターではインターンシップについての相談を受け付けています。本学で実施するインターンシップには、授業科目として実施するインターンシップと就職活動の一環として行われる一般的なインターンシップの2種類があります。
 キャリアセンターでは、就職活動でのインターンシップについては、『和歌山県経営者協会』と連携して支援をしています。とくに和歌山県内のインターンシップを希望する学生は、下記より「わかやまインターンシップUIわかやま就職ガイド」に登録し各自エントリーをしてください。

 また、本学では和歌山県教育委員会と連携し、学生の皆さんには学校インターンシップにあたる「教育ボランティア」への参加を勧めています。

わかやまインターンシップUIわかやま就職ガイド

※インターンシップに申し込みをした学生については、必ずキャリアセンターまで報告に来てください。

このページの先頭へ