研究者情報

教育学部 子ども教育学科 研究者情報

教育学部 子ども教育学科 教授 小林 康宏

修士(教育学)
教授

小林 康宏KOBAYASHI Yasuhiro

基本情報

最終学歴
横浜国立大学大学院教育学研究科国語教育専攻修士課程修了
専門分野
国語教育/教員養成
所属学会
日本国語教育学会/全国大学国語教育学会
著書
  1. 『認識力を育てる「書き換え」学習小学校編』(共著・平成16年8月・東洋館出版社・82-86頁)
  2. 『図解 すぐに身につく・学力が高まる小学校国語 学習スキル101の方法 』(共著・平成17年4月・教育出版・38-39頁・60-61頁・96-97頁・186-187頁)
  3. 『基幹学力・小話シリーズ1子どもがグーンと賢くなる 面白小話・国語編』(共著・平成18年9月・明治図書出版・14-15頁・32-33頁・34-35頁・36-37頁)
  4. 『基幹学力をつくる音声言語活動』 (単著・平成18年12月・明治図書出版・全193頁)
  5. 『クラスすべての子どもたちに「読む・書く・考える力」をともに育む国語授業』(共著・平成19年9月・東洋館出版社・104-113頁)
  6. 『豊かな言語活動が拓く 国語単元学習の創造6 中学校編 』(共著・平成22年8月・東洋館出版社108-123頁)
  7. 『子どもがどんどんやる気になる 国語教室づくりの極意 国語授業編』(共著・平成27年2月・東洋館出版社・16-25頁・148-151頁)
  8. 『子どもがどんどんやる気になる 国語教室づくりの極意 学級づくり編』(共著・平成27年2月・東洋館出版社・26-29頁・126-129頁)
  9. 『子どもがいきいき動き出す!小学校国語 言語活動アイデア事典』(共著・平成27年7月・明治図書出版・90-91頁・138-147頁・154-155頁)
  10. 『板書&イラストでよくわかる365日の全授業小学校国語 5年上』(編著・平成28年3月・明治図書出版・14-17頁・20-41頁・86-91頁・154-157頁・208-213頁)
  11. 『板書&イラストでよくわかる365日の全授業小学校国語 5年下』(編著・平成28年7月・明治図書出版・14-17頁・114-127頁・132-135頁・179-193頁)
  12. 『子どもがどんどんやる気になる 国語教室づくりの極意 1時間授業編』(共著・平成28年8月・東洋館出版社・84-89頁)
  13. 『どの子も鉛筆が止まらない! 小学校国語 書く活動アイデア事典』(共著・平成28年8月・明治図書出版・76-79頁・84-85頁・92-93頁)
  14. 『今日から使える! 小学校国語 授業づくりの技事典』(共著・平成29年2月・明治図書出版・54-55頁・74-75頁・88-89頁・104-105頁120-121頁)
  15. 『すぐに使える! 小学校国語 授業のネタ大事典』(共著・平成29年7月・明治図書出版・126-127頁・132-133頁・138-139頁・142-143頁)
  16. 『実践・二瓶メソッドの国語授業』(共著・平成30年2月・東洋館出版社・124-127頁)
  17. 『5分でできる! 小学校国語 ミニ言語活動アイデア事典』(共著・平成30年2月・明治図書出版・80-81頁・)
  18. 『「言葉による見方・考え方」を育てる!子どもに確かな力がつく授業づくり 7の原則×発問&指示』 (単著・平成30年2月・明治図書出版・全151頁)
  19. 『スタートダッシュ大成功! 小学校 全教科の授業開き大事典 高学年』(共著・平成30年2月・明治図書出版・12-15頁)
  20. 『スタートダッシュ大成功! 小学校 全教科の授業開き大事典 中学年』(共著・平成30年2月・明治図書出版・68-71頁)
  21. 『言葉の力がぐんぐん伸びる! 二瓶&夢塾流 国語教室づくりアイデア事典』(共著・平成30年7月・明治図書出版・24-25頁)
  22. 『見方・つくり方のすべてがわかる研究授業パーフェクトガイドブック』(単著・平成30年6月・明治図書出版・全157頁)
  23. 『みんなわくわく 小学校国語 物語文の言語活動アイデア事典』(共著・平成31年2月・明治図書出版・92-99頁)
  24. 『1年間まるっとおまかせ! 小6担任のための学級経営大事典』(共著・平成31年2月・明治図書出版・100-102頁)
  25. 『1年間まるっとおまかせ! 小5担任のための学級経営大事典』(共著・平成31年2月・明治図書出版・100-102頁)
  26. 『1年間まるっとおまかせ! 小3担任のための学級経営大事典』(共著・平成31年2月・明治図書出版・40-50頁)
  27. 『小学校国語「見方・考え方」が働く授業デザイン-展開7原則と指導モデル40+α』(単著・平成31年3月・東洋館出版社・全183頁)
  28. 『中学校 国語の授業がもっとうまくなる50の技』(単著・令和元年6月・明治図書出版・全152頁)
  29. 『小学校国語物語文の授業技術大全』(共著・令和元年7月・明治図書出版・68-92頁)
  30. 『小学校国語説明文の授業技術大全』(共著・令和元年7月・明治図書出版・68-92頁)
論文
1. 「本屋さんになろう」(単著・平成13年4月・『子どもと創る国語の授業No.4』・全国国語授業研究会・34-37頁)

2. 「一枚の写真から」(単著・平成13年10月・『横浜国大国語教育研究No.15』・横浜国立大学国語教育研究室・41-50頁)

3. 「話すことに対して、自分の課題を的確に発見する方法」(単著・平成14年10月・『横浜国大国語教育研究No.17』・横浜国立大学国語教育研究室・39-52頁)

4. 「一活動一評価で目標の達成を」(単著・平成15年6月・『教育科学国語教育No.633』明治図書出版・67-69頁)

5. 「誰もがぐいぐい創作文を書ける方法」(単著・平成17年6月・『教育科学国語教育No.657』・明治図書出版 64-67頁)

6. 「物語をつくろう-文章構成力と描写力をつけるための方法-」(単著・平成17年6月・『横浜国大国語教育研究No.22』・横浜国大国語教育研究室・1-22頁)

7. 「伝わる喜びのある音声言語活動を通して」(単著・平成18年6月・『基幹学力の授業 国語&算数No.1』・明治図書出版・26-27頁)

8. 「マップで読み、フレームで表現する」(単著・平成18年7月・『基幹学力の授業 国語&算数No.2』・明治図書出版・8-9頁)

9. 「百人一首フリップスピー チを通して、話を組み立てる力・資料活用のカをつけ る」(単著・平成18年8月・『基幹学力の授業 国語&算数No.3』・ 明治図書出版・20-21頁

10. 「5WIHマップでノートを思考の活性化の場に」(単著・平成18年12月・『基幹学力の授業 国語&算数No.4』・明治図書出版・18頁)

11. 「自分の読みを論理的に述べる力を評価する」(単著・平成19年3月・『基幹学力の授業 国語&算数No.5』・明治図書出版・16頁)

12. 「読む力育成のための3つの授業提案-観点を持ち、様々な様式のテクストを読み、書くことを通して-」(単著・平成19年6月・『横浜国大国語教育研究No.26』・110-134頁)

13. 「論理的思考力がつく7ステップ・マップ作文」(単著・平成19年7月・『基幹学力の授業 国語&算数No.6』・明治図書出版・17頁)

14. 「書き換えで情報選択・順 序・箇条書きの力を」(単著・平成19年8月・『基幹学力の授業 国語&算数No.7』・明治図書出版・23頁)

15. 「論理的思考力をマッピ ングで獲得」(単著・平成19年8月・『教育科学国語教育No.683』・明治図書出版・60-63頁)

16. 「スピーチマップで論理的発表力を」(単著・平成19年12月・『月刊国語教育No.330』・東京法令・20-23頁)

17. 「三つの力の獲得でPI SA型読解力の向上を」(単著・平成20年1月・『基幹学力の授業 国語&算数No.8』・明治図書出版・30-31頁)

18. 「マッピングで思考の型 〈比較)を身につける」(単著・平成20年3月・『基幹学力の授業 国語&算数No.9』・明治図書出版・18-19頁)

19. 「活用力の基幹は思考力」(単著・平成20年4月・『基幹学力の授業 国語&算数No.10』・明治図書出版・16-17頁)

20. 「入門期古典学習にRT的手法を」(単著・平成20年7月・『月刊国語教育No.338』・東京法令・12-15頁)

21. 「並べ方の工夫で論理的思考力の育成を」(単著・平成20年10月・『基幹学力の授業 国語&算数No.13』・明治図書出版・10-11頁)

22. 「まずは論理的に考える スキルの獲得を」(単著・平成20年12月・『基幹学力の授業 国語&算数No.14』・明治図書出版・10-11頁

23. 「思考方法獲得により確かな言葉の獲得を」(単著・平成21年2月・『基幹学力の授業 国語&算数No.15』・明治図書出版・10-11頁)

24. 「主体的に多様な構報に出合うために-作ってみよう、使ってみようパスファインダー-」(単著・平成21年2月・「月刊国語教育No.345」・東京法令・12-15頁)

25. 「簡単!5WIHプラスワンイ ンタビュー」(単著・平成21年4月・『基幹学力の授業 国語&算数No.16』・ 明治図書出版・23頁)

26. 「相手を大切にした表現力と表現意欲を」(単著・平成21年6月・『基幹学力の授業 国語&算数No.17』・明治図書出版・6-7頁)

27. 「説明文の願序を学習者に 考えさせよう」(単著・平成21年6月・『基幹学力の授業 国語&算数No.18』・明治図書出版・23頁)

28. 「マップを使い解釈から自分の考えの形成へ」(単著・平成21年8月・『子どもと創る国語の授業NO.25』・東洋館・24-26頁)

29. 「文学的文章を読む力を発達に応じてつけるために-マッピングを使って-」(単著・平成21年9月・『月刊国語教育研究No.425』・58-63頁)

30. 「わかりにくい文章は図表に変換」(単著・平成21年12月・『基幹学力の授業 国語&算数20号』・明治図書出版・22頁)

31. 「新聞を活用し、多様な書く力をつける」(単著・平成22年2月・『月刊国語教育No.358』・東京法令・58-61頁)

32. 「批判的思考を視覚化し獲得させる」(単著・平成22年4月・『教育科学国語教育No.721』・明治図書出版・73-77頁)

33. 「複数のとらえ方で比較、検討することで読みを深める学習に」(単著・平成22年12月・『教育指導時報No.736』・長野県教育指導時報刊行会・30-35頁)

34. 「話す内容を思い浮かべる力を付ける」(単著・平成25年1月・『教育指導時報No.761』・長野県教育指導時報刊行会・6-11頁)

35. 「順序に沿って書く力を育てる」(単著・平成24年1月・『教育指導時報No.749』・長野県教育指導時報刊行会・6-11頁)

36. 「抜き取り読みで意見の作り方を知る」(単著・平成28年4月・『教育科学国語教育No796・明治図書出版・96-97頁)

37. 「ペアでインタビューし合い、聞く大切さを実感しよう」(単著・平成28年4月・『授業力&学級経営力No073』・明治図書出版・108-109頁)

38. 「既習事項を活用し要旨をまとめる」(共著・平成28年5月・『教育科学国語教育No797』・明治図書出版・96-97頁)

39. 「オノマトペ、色を入れて日記を生き生き鮮やかに」(単著・平成28年5月・『授業力&学級経営力No74』・明治図書出版・108-109頁)

40. 「やりとりする中で敬語の使い方を知る」(共著・平成28年6月・『教育科学国語教育No798』・明治図書出版・96-97頁)

41. 「物語のアイテム分析をしよう」(単著・平成28年6月・『授業力&学級経営力No.075・明治図書出版・108-109頁)

42. 「最初に単元のゴールを見せ活動の見通しをもたせる」(共著・平成28年7月・『教育科学国語教育No799・明治図書・96-97頁)

43. 「効果を意識して表現の工夫を」(共著・平成28年8月・『教育科学国語教育No800・明治図書・96-97頁)

44. 「読書感想文の書き方のコツをつかもう」(単著・平成28年8月・『授業力&学級経営力No.077・明治図書出版・108-109頁)

45. 「中学校で単元学習を充実させるには」(単著・平成28年8月・『月刊国語教育研究No.532』・日本国語教育学会編・46-47頁)

46. 「話し合い力を知ってから話し合いを」(共著・平成28年9月・『教育科学国語教育No801・明治図書・96-97頁)

47. 「子どもを学習モードに素早く戻す!二度目の授業開きのネタ(小学校5年)」(単著・平成28年9月・『授業力&学級経営力No.078』・明治図書出版・54-55頁)

48. 「過去の自分と比べて随筆を書こう」(単著・平成28年9月・『授業力&学級経営力No.078』・明治図書出版・108-109頁)

49. 「話し合い力を知ってから話し合いを」(共著・平成28年10月・『教育科学国語教育No802・明治図書・96-97頁)

50. 「低学年の子に読み聞かせをしよう」(単著・平成28年10月・『授業力&学級経営力No.079』・明治図書出版・108-109頁)

51. 「だれもが書きたくなる!日記の面白メニュー 四つのメニューで高学年らしさを伸ばす!」(単著・平成28年10月・『授業力&学級経営力No079』・明治図書出版・58-59頁)

52. 「譲歩構文の効果を考える」(共著・平成28年11月・『教育科学国語教育No803・明治図書・96-97頁)

53. 「日記を読み合い、仲間を知ろう」(単著・平成28年11月・『授業力&学級経営力No.080』・明治図書出版・108-109頁)

54. 「読書の幅が広がる3つの活動」(単著・平成28年11月・『授業力&学級経営力No.080』・明治図書出版・74-75頁)

55. 「必要感と既習の想起が主体性を生む」(共著・平成28年12月・『教育科学国語教育No804・明治図書・96-97頁)

56. 「推薦します〇〇委員長」(単著・平成28年12月・『授業力&学級経営力No.081』・明治図書出版・108-109頁)

57. 「視点をもって語りを聞く」(単著・平成29年1月・『教育科学国語教育No805・明治図書・96-97頁)

58. 「なぞかけを楽しもう」(単著・平成29年1月・『授業力&学級経営力No.082』・明治図書出版・108-109頁)

59. 「観点をもって作品の面白さを見つける」(共著・平成29年2月・『教育科学国語教育No806・明治図書・96-97頁)

60. 「大事なことだけつまんで読もう」(単著・平成29年2月・『授業力&学級経営力No.083』・明治図書出版・108-109頁)

61. 「多様な表現を楽しむ子に」(単著・平成29年3月・『教育科学国語教育No807・明治図書・96-97頁)

62. 「6年生の3月の自分に手紙を書こう」(単著・平成29年3月・『授業力&学級経営力No.084』・明治図書出版・108-109頁)

63. 「力のある言葉をもとう」(単著・平成29年3月・『授業力&学級経営力No.084』・明治図書出版・24頁)

64. 「通知表所見の最強文例300」(共著・平成29年7月・『授業力&学級経営力No.88』・明治図書出版・29-32頁)

65. 「観点に沿って、作品をくっきりと思い浮かべよう」(単著・平成29年8月・『授業力&学級経営力No.89』・明治図書出版・106-109頁)

66. 「見方・考え方を鍛える言語活動を」(単著・平成29年9月・『教育科学国語教育No.813号』・明治図書出版・72-75頁)

67. 「表現を大造じいさんとガンと比べよう」(単著・平成30年2月・『授業力&学級経営力No.095』・明治図書出版・106-107頁)

68.「平日のタイムマネジメントから休日の活用法まで 余裕のある教師の1週間大公開 (特集 さようなら,ブラック労働! 教師のための「ホワイト」仕事術)」(単著・平成30年11月・『授業力&学級経営力No.104』・明治図書出版・20-23頁)

69. 「情報収集と共有における対話的活動の効果」(単著・平成30年12月・『教育科学国語教育No.828』・明治図書出版・40-43頁)

70. 「漢字組み立て575をつくろう」(単著・平成31年1月・『授業力&学級経営力No.106』・明治図書出版・120-121頁)

71.「必携グッズから参観のベスポジまで 授業の腕が上がる研究授業の見方」(単著・令和元年6月・『数学教育No.740』・明治図書出版・70-75頁

72.「言葉による見方・考え方の鍛え方 発問・指示」(単著・令和元年9月『教育科学国語教育No.837』・明治図書出版・64-67頁)

73.「研究授業成功の心得」(単著・令和元年10月『教育科学国語教育No.838』・明治図書出版・6-11頁)

74.「仕事の速い教師の習慣×仕事の遅い教師の習慣」(令和元年10月『授業力&学級経営力No.115』・明治図書出版・26-29頁)

75.「授業力UPの大チャンス 『研究授業』はここを観る!」(令和元年11月『教育オピニオン(教育ZINE)』・明治図書ON LINE)
その他(講義・講演・授業等)
(発表)

1. 第65回国語教育全国大会での発表(平成14年8月・文京区立本郷小学校・『表現することを大切にした読書指導』)

2. 第68回国語教育全国大会での発表(平成17年8月・青山学院大学・『作品を読む観点を意識して、文学作品を確かに自分らしく豊かに読む』)

3. 第112回全国大学国語教育学会宇都宮大会での発表(平成19年5月・宇都宮大学・『説明的文章を学習材として、発達に応じた論理的思考力を育てるための指導のあり方-マップを用いて-』)

4. 第114回全国大学国語教育学会茨城大会での発表(平成20年5月・茨城大学・『文学的文章を学習材として、発達に応じた論理的思考力を育てるための指導のあり方-マップを用いて-』)


(講演等)

1. 基幹学力研究全国大会でのワークショップ講師(平成19年2月~平成27年8月・筑波大学附属小学校・発達段階に応じた思考力を育成するため、視点と考え方を明確にした授業展開について)

2. 第54回長野県国語教育研究協議会でのワークショップ講師(平成20年11月・ビレッジ安曇野・思考力を育成するためのマップを活用した授業づくり、及び、単元づくりについて)

3. 岡谷市教育委員会主催の教員研修会での講演(平成24年7月・岡谷市・「書くこと」領域における教材研究・授業展開の方法について)

4. 諏訪市教育会国語委員会主催の教員研修会での講演(平成25年1月・諏訪教育会館・授業導入場面で明確な見通しをもつことの必要性等について)

5. 佐久校長会図書館教育部会主催の教員研修会での講演(平成28年6月・佐久教育会館・読書指導や利用指導を進めるうえでの基本について)

6. 第1回「夢」の国語授業づくり研究会でのワークショップ講師(平成28年9月・筑波大学附属小学校・主体性と思考力を高める国語授業づくりについて)

7. 第2回「夢」の国語授業づくり研究会でのワークショップ講師(平成29年8月・筑波大学附属小学校・言葉による見方・考え方を育てる授業づくりについて)

8.和歌山県立和歌山商業高等学校小論文特設講座講師(令和元年7月~9月)

9.和歌山県教組西牟婁支部教研での講演(令和元年7月「深い学びの実現に向けて-見方・考え方を働かせる授業デザイン-」)

10.和歌山県橋本市立学文路小学校校内研修会でのワークショップ(令和元年8月「見方・考え方を育てる授業づくり」)

11.大阪府豊中市教研中学国語研修会での講演(令和元年11月「思考力を高める発問・子どもの考えを広げる授業づくり」)

12.和歌山県和歌山市立高松小学校校内研修での講演(令和元年12月「言葉による見方・考え方を育て働かせる授業デザイン」)

(授業・授業指導等)

1. 第2回基幹学力研究全国大会での公開授業授業者(平成18年8月・筑波大学附属小学校・分かりやすい文章はどっち?)

2. 第56回長野県国語教育研究協議会での公開授業の指導(平成22年11月・中野市立豊井小学校)

3. 信濃教育会全県大会での公開授業の指導(平成22年11月・上田市立清明小学校)

4. 第58回長野県国語教育研究協議会での公開授業の指導(平成24年11月・塩尻市立桔梗小学校)

5. ※長野県教育委員会指導主事として、この他に長野県内各校の校内研究授業、公開研究授業の指導(平成22年5月~平成25年2月)

6. 南佐久郡中学校連合教科研究会での公開授業の指導(平成25年度~平成27年度・南牧村立南牧中学校、川上村立川上中学校他)

7.大阪府豊中市立豊島西小学校での研究授業指導(令和元年9月11日・豊中市立豊島西小学校)

8.和歌山県橋本市立学文路小学校での研究授業指導(令和元年9月26日・橋本市立学文路小学校)

9.和歌山県西牟婁郡綴り方サークル授業に役立つ学習会 小学校模擬授業指導助言(令和元年9月13日・西牟婁郡教育会館)

10.和歌山県西牟婁郡綴り方サークル授業に役立つ学習会 中学校模擬授業指導助言(令和元年11月11日・西牟婁郡教育会館)

11.和歌山県西牟婁上富田町立上富田中学校での授業指導(令和元年11月21日・上富田町立上富田中学校)

12.和歌山県西牟婁郡白浜町立白浜第二小学校での研究授業指導(令和元年11月27日・白浜町立白浜第二小学校)

(その他)

1. 長野県図書館協会小中学校部会司書教諭委員会委員長(平成18年,平成20年~平成21年)

2. 基幹学力研究会全国理事(平成18年~ 平成27年)

3. 長野県東信地区NIE研究会副委員長(平成20年~平成21年)

4. 長野県小学校教育課程学習指導手引書国語編作成委員(平成22年度)

5. 長野県中学校教育課程学習指導手引書国語編作成委員(平成22年度)

6. 「夢」の国語授業づくり研究会全国理事(平成28年~現在)

7. 東京書籍小学校国語教科書「新しい国語」編集委員(平成28年~現在)

研究テーマ

  • 言葉による見方・考え方の具体
  • 言葉による見方・考え方を働かせる国語科授業・単元づくり
  • 主体的・対話的な取り組みを通し、深い学びにつながる国語科授業展開の基礎・基本
  • 生徒が主体的・対話的に取り組むための中学校国語教室づくり
  • 発達段階に応じた思考力を身に付けるための授業・単元づくり(文学的文章・説明的文章)
  • 子どもが主体的に取り組み、力がつく言語活動の開発
  • 言葉への関心を高める音声言語活動の具体
  • 教師の力量形成につながる研究授業の見方・つくり方

 

このページの先頭へ